スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
Maple Homes Karuizawa News vol.003
ホームページリニューアルと新コンテンツ開始のお知らせ

top.png


メープルホームズ軽井沢のホームページがリニューアルされました。従来のコンテンツをより見やすく整理したと同時に、新しいコンテンツを追加致しました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

新コンテンツのご案内

mh_kls_top.jpg


新コンテンツ『KARUIZAWA LIFE STORY』MH軽井沢・暮らしの物語は、メープルホームズの家に実際に暮らす方の人生の物語を綴ったフォトエッセイです。



『KARUIZAWA LIFE STORY』取材・撮影・執筆担当 / 内村コースケよりご挨拶

「軽井沢ライフ」「田舎暮らし」「輸入住宅」というキーワードからは、素敵な「夢」がイメージされます。一方で、そこには「慣れない土地」「寒い冬」「不況」などの厳しい現実もあるかもしれません。『KARUIZAWA LIFE STORY』では、実際に軽井沢ライフを検討している方に向け、こうした「現実」を踏まえたうえで、軽井沢ライフのさまざまな幸せの形をお伝えしたいと考えています。

軽井沢ではありませんが、雑誌の「田舎暮らし」の特集の取材の過程で、ある山岳リゾートエリアで聞いた話です。
「田舎暮らしがブームになった2000年代以降、当地にも大勢の方が移住してきました。でも、5年、10年が経ち、戻っていった人も少なくありません。森を切り開いて建てた家の多くは廃墟になっている。描いてきた夢とのギャップに『田舎暮らし』をあきらめざるを得ない現実があります。良いことだけを伝えて煽ってきたマスメディアにも、責任の一端があるのではないでしょうか」

良い面だけを切り取って、「軽井沢はこんなに良い所ですよ」「メープルホームズさんの住宅は素晴らしいですよ」とPRするのは簡単です。しかし、それは読者やお客様に対して大変に失礼な態度だと私は考えます。悲しみや苦労がない人生など、私は聞いたことがありません。楽しいことや嬉しいことがそれらを上回った時に、人は「幸せ」を感じるのではないでしょうか?『KARUIZAWA LIFE STORY』では、メープルホームズの家に暮らす方々へのインタビューを通じ、事実に裏打ちされた真の「幸せの物語」を綴っていければと願っています。


内村コースケ 1970年、ビルマ(現ミャンマー)生まれ。中学卒業まで、日本、カナダ、イギリスを行き来したいわゆる帰国子女。新聞記者/カメラマンを経て、現在はフリーのカメラマン/ライター。メインの被写体は、ペット・街頭スナップ・住宅など。輸入住宅の竣工写真では、実際の海外生活を通じて身につけた「欧米の暮らしの空気感」を表現することをこころがけている。


『KARUIZAWA LIFE STORY』は現在、下の2つの記事がUPされています。今後も随時更新していく所存です。

casebnr01.jpg 

case_bnr_02.jpg

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

[2013/10/25 22:47] | 未分類 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。